琵琶湖の魅力にはまった‥‥白浜荘オートキャンプ場

11月初旬。朝晩が冷えるこの頃ですが、行ってきました秋キャンプ😀

今回おじゃましたのは、

【白浜荘オートキャンプ場】です♪

 

琵琶湖を目の前に、4列ほどサイトがあり、さらに奥に木々が立ち並ぶなかにサイトがあります。

サイト数はとても多い(150くらい)ですが、琵琶湖を目の前にテントを張れるのはやはり一列目!

琵琶湖に向かって緩やかな傾斜がありますが、琵琶湖の眺めには変えられませんでした!

サイトは一応ロープで仕切られています。縦に長い長方形でした。

ちなみに琵琶湖からタープ、テント、その後ろに車を止めているキャンパーさんがほとんどなので、2列目以降のサイトの人は目の前が、車🚙。という景色になってしまいます。

琵琶湖の眺めが目的であれば、一列目をおすすめします。

私が伺ったときは、フリーサイトのような感じで、どこでもいいですよーと案内されました。かなり混んでいたにも関わらず指定されたサイトではなかったので、普段からキャンパーさんが選べるかんじかもしれません。

 

 

(↓撤収途中)


f:id:aki-akane:20191110001443j:image

 

ただし!!

真夏はかなり暑く‥‥いえ熱くなります!影が全くない上に標高が高くありません!真夏に行くときは、せめて奥の木蔭のあるサイトがおすすめです。(それでもかなり暑そう😭)湖水浴ができるのはいいですよね!それに温泉も歩いてすぐ!白浜荘という旅館が経営しているキャンプ場なので、温泉が近くで便利ですね!でも温泉料が大人600円、0歳から小学生まで?だったかなー?は400円。0歳からお金がかかるのが少し、んーと思うポイントでした。赤ちゃんは長湯できませんからね😅ペイペイが使えます♪

 

今回秋キャンプでしたが、みんな昼間は琵琶湖にひざくらいまで入って遊んでいました!思っていたより、水がキレイでビックリしました!もちろん冷たいですが、子どもは楽しんでたので、水着をもっていって正解でした😀

 

さて、今回一番の魅力は

朝日☀でした!

とても美しい景色です。雲がかかっていましたが、夕焼けのように空を真っ赤にして、澄み切った空気を漂う爽快感はこの上ないものでした。


f:id:aki-akane:20191110001511j:image

また、

星★

もきれいに見えました😊子どもたちは寝てしまいましたが‥‥

夜中も湖の波音が心地よかったです。

 

琵琶湖周辺は他にもいくつかキャンプ場あるようです。

ただ、湖西線は混むので、注意です!キャンプ場に問い合わせたところ木之本ICからだと比較的こまないようです。(名古屋方面からの場合)

 

近くに子どもの国や、メタセコイア並木などなど、観光地もたくさんあります★

 

おすすめです♥️

 


f:id:aki-akane:20191110001359j:image

 

 

手作りガーランド☆簡単な作り方

今年は梅雨が長いですね!☔

雨の日を利用して、キャンプで使うガーランドをこどもと作りました😃

 

ガーランドはキャンプサイトを明るくかわいくするアイテムです☆彡あるのと無いのでは全然雰囲気が違います😆またサイトの目印にもなって、子どもも迷うことなくテントサイトにたどり着くことができます😁

 

 

布は幼稚園でバッグや袋を作ったときの布切れ

こどものサイズアウトした服を使いました。

布は100均にもあります。…が、1種類で100円なので色々な色を使うガーランドではかなり出費してしまいます。カラフルなこどもの服はガーランドに最適です。また、「あ〜この服着てたな〜」と思い出を振り返ることもできます。ポイントは明るい色8割、暗い色2割くらいにするとバランスがいいです。

この色の布使いたーい!と思ったら、まだサイズアウトしてない服で、なんでまだ着れるのよーと泣く泣く断念しました😭笑 

来年は使えるかな〜♪

 

いつもはサイズアウトした服は、リユースショップに持っていっていましたが、ノーブランドの服はせいぜい1円から20円くらいにしかなりません😅なので今回はガーランドに回すことにしました☺️

 

話が少しそれましたね😅ではでは早速作り方を🌟

 

【材料】

☆いらなくなった布

☆少し厚めの紙(工作用紙が最適ですが、なかったので大きめのお菓子の箱を使いました)

☆布用ボンド(100均にあります♪)

☆ガーランド用の紐(100均にあります♪)

【道具】

チャコペン

☆裁ちばさみ

☆定規

 

【作り方】

 1.型紙をつくる

サイズはお好みで。いくつか作りましたが、わたしは↓のサイズにしました。



f:id:aki-akane:20190722141621j:image

 

2.布に型紙とチャコペンで印をつけて、ひたすら裁つ。


f:id:aki-akane:20190722114602j:image

こんな感じの柄物の布もかわいいですよ💞


f:id:aki-akane:20190722120035j:image

3.紐にボンドでつけていく。

紐は少し太めの紐です。2メートルのものを2本分作りました😀

紐の両端は15センチ〜20センチくらい残してつけていきます。テントやタープに結びつけるためです。


f:id:aki-akane:20190722120425j:image

 

完成です🌟カーテンレールにつけてみました😊


f:id:aki-akane:20190722120547j:image

 

世界で1つのガーランド🌟

こどもたちは「はやくキャンプ行きたーい✨」と楽しみが増えたようです。☺

キャンプで使ったらまた写真アップしたいと思います🤩

育児疲れのあなたへ

育児疲れ…

退職し、望んで妊娠し、無事に産まれたことをあれほど喜んだのに、

育児疲れなんて、

なんと贅沢な悩みなのだろう。

…という「罪悪感」が、私を時々襲う。

日々流れる虐待のニュース。他人事じゃない。一歩間違えば、私も「そちらがわ」になるかもしれない。

 

昔は今ほど共働きは少なかったはず。母親が子育てをし、家事をして、家を守ると言う考えが一般的だった。その時代から「育児疲れ」という言葉はあったのだろうか。おそらく今ほど、母親が悩み、育児ノイローゼとなるということは少なかったと思う。それは拡大家族が多く身近に祖父母がいた事や、ご近所付き合いがあって、井戸端会議をすることで母親のリフレッシュに一役かっていたのではと推測する。でも今ほど育児しやすい環境や便利な物は整っていなかったはずだ。

 

こうやって昔の育児を想像をしながら、私は堕落しているのかな。もっと楽したいのか。忍耐力がないのか。と自分を責める。

だから自分の親にさえ育児疲れなんて相談はできない。

周りのママさんは子の習い事の送り迎えでいそがしく、ゆっくり話す機会もない。

 

旦那も帰りが遅く、朝も夜も子どもに会えない日がつづく。そんな旦那に相談したって文句にしか聴こえないだろう。

 

悩むということはいい母親だということ。と何かに書いてあった。

 

いや、ちっともいい母親なんかじゃない。余裕なければイライラするし、それが子に対する態度にまともに表れてしまう。すると余計に自分に腹が立つ。

 

こんなループをどう断ち切ればいいのか。

 

分かっている。ママ、ママと寄ってくるかわいい時期も、ワガママ言って駄々こねる時期も長い人生からしたらほんの一瞬だ。

でもその一瞬を笑顔で過ごせない自分にとって、それはどうしたって深い闇に感じてしまうのだ。

 

ふぅ

 

深呼吸しよう。朝、子どもの寝顔を見よう。

 

昨日のひどい態度も、強い言葉も、こわい顔も。セーブしないで、強制終了。リセットボタンを押そう。朝はいつだって何度だってやってくる。どんどんリセットしよう。

 

愛してるよ

 

そう言って子どもを起こそう。今日という日が君にとって幸せな1日であるように祈るよ。

 

そんなことぐらいしかできないけど、私母親でいていいかな。

きっと君は言うよね、「いいよ。」って。

 

ごめん、ありがとう。

 

まずは朝一番の笑顔を君に約束しよう。

 

TACLAND板取オートキャンプ場 (岐阜県関市)

行ってきましたGW!今シーズン初キャンプです☆彡

2泊3日です♪

 

本当は春休みにもキャンプに行く予定でしたが旦那以外皆、ロタウイルスに倒れ、断念。

念願かなってのキャンプです☆彡

 

TACLAND板取オートキャンプ場

https://tacland.jimdo.com/

 

【特長】

きれいな川がサイトのすぐ横を流れています★

4月下旬に利用したので、冷たくて入れませんでしたが、夏にはもってこいです★

ただサイトに木が少なく、きれいに整備されているからこそ日陰がありません。テントを設置撤収、真夏の昼間はかなり暑くなると思います。でも川がすぐそこなので、体を冷やすことはできそうですね😄

 

温泉は徒歩10分のところにありますが、すこし距離があるので車でいったほうが湯冷めしません。(夏はいいですけどね☺️)車だと2分ほどです。

 

キャンプ場内に少しの遊具、ボルダリング、貸出自転車(三輪車からマウンテンバイクまで)、池ぼりで魚釣りがあり、いたるところに子どもたちが楽しめる工夫がしてあります。芝生広場もあり、バドミントンやボール遊びもできそうです。ちなみに有料で本格的な流しそうめん体験できます★

 

近くに小さな売店?スーパー?がありますが、あまり品ぞろえは良くなく、いつお休みか分からないので、買い物は済ませることが肝心です★

 

ちなみにサイトは1つずつではなく、4つずつ区切られていて、線やしきりの木などもありません。なので4家族での合同キャンプなどにはとてもいいと思います😄あと地面がかたいので、鋳造ペグおすすめです!でも太いペグとハンマーを貸し出ししてくれるので、持っていない方も安心ですよ★とても親切ですよね😍

 

【観光地&遊び場】

周りにはさほど子どもが遊べるような施設はありません。 

連泊するときはキャンプ場内で遊んだり、川遊びをしたりして過ごすことになりそうですね。

「モネの池」

車で10〜15分ほど行ったところに「モネの池」があって、GW中かなり観光客や観光バスがいました。(キャンプ場はモネの池を過ぎて山のほうです。)

 

「21世紀の森」

森林浴を楽しみながら散策できる森です。

虫とり目的で行きましたが、あまり虫はとれませんでした。

でも株杉❓がとても魅力的で、壮大でした。

 

 

初心者向けバンガロー☆設楽オートキャンプ場(愛知県設楽郡)

いよいよキャンプシーズン到来ですね★

我が家も今からうずうず。夏休みのお盆あたりはそろそろ予約が埋まり始めていますよね。計画せねば!!

しばらくお休みしていたブログ再開です★東海3県を中心としたキャンプ場レビューやキャンプ道具紹介などなど、楽しくブログ頑張ろうと思います♪

まずはこちらからご紹介★

 

岐阜県「設楽オートキャンプ場」

https://shitara-ac.com/

 

【キャンプ場特長】

キャンプ場内に川が流れる、森林に囲まれた落ち着いたキャンプ場です。

 

バンガローは二種類あり、どちらも屋根が付いたデッキにはテーブルも椅子もあります。雨が降る日もありましたが、デッキがあればBBQも楽しくできます。

キッズ向けのロフトの付いたバンガローがかわいいです。

 

車で10分ほどの場所に「どんぐりの里」という温泉があります。設楽ACに来たときは必ずここに体を温めにきます☆

 

また、

ここまでの道があまり混まないのがうれしい!

ゴールデンウィーク中にも利用したことがありますが、渋滞につかまったことはありません。

 

夏に来たときは、ラーメンの屋台が夜来ていました。お盆だけかな?

 

オートキャンプのサイトも広いので、一度サイト利用したいなぁと思います。

 

【遊び場★観光地 など】

近くではありませんが、車で一時間くらいのところに「鞍が池公園」という動物園や室内遊具が充実している遊び場があります。

 

また夏はキャンプ場の北、30分くらいのところに「〇〇やな」があったと思います。名前思い出せず😂昔ながらの漁のしかけがあって、そこに鮎を放流してくれ、つかみ取りができます。魚のつかみ取りだけでなく、川遊びもできました。小さい子が入れるくらいの浅さでした。

冬キャンプごはん☆うまい!はやい!温かい!材料チェックリスト

夜メニュー編

THE  CAMPおでん

【調理器具】

□鍋

□お玉

□さいばし

□とんすい(取り皿)

□つまようじ(餅巾着用)

 

【材料】(4人分)

□おでんの具袋パック2~3人分(つゆなし)

□めんつゆ

 

□ゆで卵  4個

□大根 1/2

鶏もも肉 1枚

□餅巾着(手作り)

 ⇒油揚げ&もち&つまようじ

□肉団子1パック(子どもがすきなので)

□ソーセージ 8本くらい

 

からし

□つけてみそかけてみそ

□お米 1.5~2合

 

ひとくちポイント☆

①餅を小さめに切って、油揚げの一辺を切って袋状に広げてつめて、つまようじで閉じれば餅巾着!油揚げの油抜きも必要なし!

②大根はキャンプでは下ゆでなしでやりました!キャンプ効果でおいしかったです!笑

 

 

翌朝の

朝メニュー編

THE CAMP うどん

【材料】

□前夜のおでんの残り

□めんつゆで、おつゆ追加

□冷凍うどん

□ネギ

□かまぼこ

 

冬なので、外は自然冷蔵庫状態。

おでんの残りも安心して次の日に持ちこせました☆

冬キャンプに挑戦!必要だったのは・・・

先日の三連休、岐阜県に二泊三日でキャンプに行ってきました。

初めに予約したキャンプ場は電源が使えるだったのですが、キャンプ3日前に確認したところ、電源がすべて予約でいっぱい!使えないことが判明し、念のためキャンプ場変更!無事に電源サイトを予約できました。

 

そして・・・結果

電源サイトでよかった!😭😭

 

夜から明け方にかけてはマイナス1~2度。

寒い!朝起きると前の晩に洗った食器の周りが凍っていました。

そして何が助かったって

電気カーペット!!

1日目の夜、

「電気カーペットは極限まで使わない」

という、変なキャンプ熱を持った旦那のせいで我慢。

案の定、夜中には足が氷のようにつめたくなって、毛布をかぶってても寒い。子どもも、寝言のように「さむい・・・」と言っていたので、たたくように電気カーペットのスイッチをON!

 

・・・幸せ・・・

 

電気カーペットを使うことで、布団のなかはこたつ状態。

低温やけどが怖かったので、「弱」で使用していましたが、充分でした。

 

また朝、着替える前に、布団のなかで服を温めることができて着替えが苦じゃない!!

テント内でも、ほぼ外に置いてあるような服の冷たさなので、着替えると体が冷えてしまいます。

電気カーペットは無くても、布団の中で朝着替える服を温めておくことをおすすめします!

 

ともあれ、外にいるときは朝晩たき火を焚いてくれていたので、暖かかったけれど・・・

でも夕食準備はたき火の近くでは出来ないので、夜は温泉に入って温まらなければ、やっていけなかったと思います💦

 

ちなみに今回利用したのは

郡上八幡リバーウッドオートキャンプ場」

 

ここは冬キャンプやるには神キャンプ場です!

なぜなら炊事場で温水(熱湯)が出るのです!!(無料です!)

冬の極冷の水で油よごれを、おとすのは至難の業。温水のありがたさを感じました。

また今回湯たんぽも利用!お湯を沸かさなくてもよいのが最高!お湯の交換も楽です。

給湯器を使うのに、時間制限あり、有料のキャンプ場がほとんどだったので、今回冬キャンプでありがたいポイントを確認できてよかったです。